HOME  >  お知らせ  > 寒波に対する備え「給水管などの凍結にご注意ください」

寒波に対する備え「給水管などの凍結にご注意ください」

本日1/24(火)から数日は、10年に1度程度の非常に強い寒気が流れ込んできます。
鹿児島県内でも、給水管などが凍結し水やお湯が出なくなる恐れがありますのでご注意ください。

 

深夜から朝方にかけて気温が下がるので、給水管などは凍結のリスクが高まります。
凍結予防のため水道を鉛筆の芯ほどの太さほどで出したまま就寝されることをお勧めいたします。
(水道代はお客の様のご負担となりますので、浴槽などで受けると再利用でき経済的ですが、溢れないようお気を付けください。)

 

今後の気象情報には十分ご注意ください。

 

万が一凍結した場合

①給湯器のリモコンをオフにしてください。※給湯器の電源プラグはコンセントから抜かないでください。

②気温の上昇によって自然に解凍するまでお待ちください。お湯をかける、またはドライヤ等で温風を当てますと配管等が損傷する恐れがあります。

③お湯の出る蛇口から水がでるようになったら、給湯器やその配管から水などが漏れていないかを確認してからご使用ください。

ページの先頭へ